2016/12/14

コードを意識してみる

来年の3月に、人前で弾く事になりそうです。

で、過去の曲の中から数曲選んで、練習しているのですが・・・
どれも中途半端(^^;;

弾けそうなんだけど・・・なかなかノーミスでは弾けない(^^;;

特に、発表会に向けてやってた宝島は、まだ、楽譜通りに弾くのがいっぱいいっぱいで、余裕がありません。

他の曲は、長く弾いてた曲ばかりですが、なんだか、細かいところがあやふやだし、当時苦手だったところは、やっぱりミスる・・・
という状態。

で、とりあえず、いつものように弾きまくるという方法でなんとか乗り切ろうとしているのですが・・・
過去の発表会や動画の撮影でもわかってるように、結局、この方法ではミスらずには弾けない(^^;;
でもって、1日2日休むと、すぐに弾けなくなる・・・

せめて、ミスったとしてもそれが、ミスとわからないように弾ければいいのですが・・・。

ということで、たまにはちょっと趣向を変えて、楽譜に書いてある、コードを意識して練習してみようと。

コードの構成音を確認したり・・・
左手ルート、右手構成音で8ビートのパターンで弾いてみたり・・・
コードでは書かれていないテンションの音を確認してみたり・・・
コード感というか和音の響きを感じてみたり・・・
コード進行を感じてみたり・・・・

ということをやってみました。
なんか、和音弾くのって気持ちいい(^^)/
単純なパターン演奏ですが、曲の雰囲気ってやっぱあるし。

やってみて、すぐに何か効果があるかと言われると微妙な気もしますが・・・
ある曲のある特定の箇所においては、構成音や進行を意識することで、弾きやすさや間違えにくいと感じる気がしました。
気のせいレベルですが(笑)

ちなみに、なんかコードだけみて単純なパターンならすぐ弾けそうな感じで書いてますが・・・
全然そんなことはありません(笑)
ちょっと複雑なコードになると、1音づつ構成音を確認しないとわからないので、ぱっと音を掴めるわけではないので、よちよち歩きな感じです(^^;;

でも、楽しい(^_^)/


スポンサーリンク

関連記事

コメント

非公開コメント