2017/01/29

ピアノの防音対策 Ver.1 (できるだけ安く簡単に)

追記:2017/1/30 記事の最後の方に断熱材について、少し書き足しました。

去年の年末に妻の実家から引き取ったアップライトピアノ。
家自体は戸建てで、そんなに古くないのでそもそもの機密性や断熱性がいいので、昼間の練習なら問題はなさそうですが・・・
気持ちよく弾くためにも、防音対策をしています。
弾くのは、週末の日中だけです。
いつもの練習は夜なので、電子ピアノ。


とりあえずは、できるだけ家にあるもので、費用をかけずにということで、Ver.1です。
Ver.2があるかどうかはわかりませんが(笑)

・ピアノ背面の対策。
これは、防音というか、ピアノの音量を落とすための対策。
市販品で、ピアノの背面と壁の間に挟み込むタイプの吸音ボードがいろいろ出ていますが、かなりのお値段です(^^;;
一般的には、毛布を押しピンで止めるらしいのですが、いらないこたつ布団があったので、これを使いました。
A72C6245-587C-4D23-8A2A-BEBA0486333A.jpg
ピアノ本体には貼らずに、これまた、あまってたワイヤーネットがあったので、これを壁に立て掛け、そこにこたつ布団をかぶせています。
効果は・・・
抜群でした。
ただ、効果が抜群な分、ピアノの響きが吸収されすぎてしまい、音量的に少し不満ですが(^^;;

・インシュレーター(ピアの脚の下のお皿)
引越し前に、あらかじめピアキャッチというのを用意しました。
もともとのお皿は割れていたということと、このインシュレーターだと自分で動かせるということでこれにしました。
音に関してはこれしか使っていないので、不明。
かなりしっかりした作りです。
50A9A951-0768-4BDA-B6D0-3598AB1F96E5.jpg

・ドア
防音ということで、隙間からの音漏れをできるだけすくなくしたいということで、ホームセンターで隙間テープなどを買ってきて、隙間をできるだけ埋めました。
さすがにピアノの音だと漏れますが、話し声程度なら、ほぼ聞こえなくなるので、それなりの効果はあります。
25670025-264B-4284-A5AE-7E148B42879A.jpg
34EB32D5-5686-43EF-A330-FB99A39453D0.jpg
通常のスポンジテープの他にもドア用のP型テープや隙間風防止用のテープも使いました。

・窓
こっちもドア同様、防音という意味では隙間から音が漏れます。
一番は二重窓にしてしまうのがいいようですが、予算の都合でそこまではできないので、どうしようかと思いましたが、上のこたつ布団だけで、外へ漏れる音の音量はかなり下がったので、何もせずに様子見ということに。
ただ、音以外に、ピアノは湿気に弱いということで、結露対策はした方がいいということで・・・
AC97CFE6-F3B2-468E-9E91-F18CB84620F1.jpg
この部屋自体は納戸なので、真っ暗になってもOKということで、断熱材を窓枠サイズぴったりにして、はめ込みました。
ぴったりにしすぎて、外すのが・・・(^^;;
ちなみに、この断熱材は吸音効果も遮音効果も全くないので、防音には効果なし。
(素材によりけりです。私が使ったのは防音効果がないものです。)
ただし、断熱効果は抜群で、上のドアの隙間を埋めたのと両方の効果で、一度部屋を暖めるとかなり長時間暖かいままです(^^)
ここは納戸なので、エアコンがありませんが、電気ストーブだけでも十分です(^^)
夏は、どうするんだろう・・・
ちなみに、この断熱材はたまたま実家に余ってた貰い物なので0円です。
そして・・・
立て掛けてある板は、ひょっとしたら、防音効果というか吸音効果がちょっとでもあるかと思い、気休めに余ってた板を立て掛けています(^^;;
あとは、百均のつっぱりでカーテンしてます。

・壁(気休め)
DIYした机の天板が余っていたので、壁に立て掛けています。
こちら側の壁が、隣の家に一番近いので。
こたつ布団だけの時と比べて・・・
効果はわかりませんね(^^;;
まぁ、置く場所にも困ってたので、このままここに置いておきます(笑)
2F541691-01DE-45AB-ACDD-22D4F7C423BD.jpg

・たくさんの物
よくピアノが響きすぎる時は、本棚とか洋服ダンスとか物をたくさん置くといいといいますね。
吸音してくれるので、響きが減ります。
この部屋は、もともとが納戸ということで、たくさん物が置いてあります。
そのため、ピアノの写真を撮ると、いろんな物が写り込んでしまいます(笑)


ということで、以上、防音対策Ver.1。
今回は、できるだけお金を掛けずにやるということで、必需品のインシュレーターとドアの隙間埋めに買ったテープ以外は、余り物と貰い物だけやりました。
実質的には、ピアノの背面のこたつ布団しか役に立ってないと思いますが(笑)
これだけで、明らかに音が小さくなりました。
そのかわり、響きがかなり少ないです。
低音と高音のバランスがあまり良くなく、高音の方が、より小さくなってしまってるようです。
アップライトはただでさえダイナミクスの幅が狭いのにさらに狭くなっちゃって・・・
なので、実際に練習する時は、上蓋に木片を挟んで開ける量を調整しています。

とはいえ、生ピアノを弾ける環境になっただけでも、万々歳です(^_^)/
今後は、防音と響きのバランスをもう少し、うまく整えたいと思っています。

Ver.2の構想・・・
窓を完全にふさいでしまう。
で、こたつ布団は撤去。

防音は、いろいろと奥が深そうなので、ぼちぼちとバージョンアップしていきたいと思います。

追記:2017/3/13
窓の対策をしました!
ピアノの防音対策 Ver.2 (窓の対策)

追記:2017/1/30 断熱材について
断熱材はすべてがダメというわけではなく、物によります。
吸音のためには、「独立気泡体」な素材ではだめで、「連続気泡体」でないといけないそうです。
プチプチ、発砲スチロールやスタイロフォームなどはだめで、グラスウールやロックウールであれば大丈夫です。
素材によりけりです。





スポンサーリンク

関連記事

コメント

非公開コメント

こたつ布団いいですね。

毛布が防音に良いとは聞いたことがありますが、こたつ布団がそんなに効果があるとは思いませんでした。
特に高音対策に良いのですね。

断熱材は防音してくれるのかも?と思っていましたが、効果ないのですね。意外でした。
私の家も住宅密集地なので、音量に気を使います。

色々と防音対策しながらでも、やっぱりアコースティックのピアノはいいですよね。
私もいつか…と夢見ています。

mirageさんへ

毛布も試してみましたが、こたつ布団の方が効果は高いと思います。
歌の練習や大声出す時に、布団にもぐってやってる人がいると思いますが、あれですね。

断熱材はすべてがダメというわけではなく、物によります。
「独立気泡体」な素材ではだめで、「連続気泡体」でないといけないそうです。
プチプチ、発砲スチロールやスタイロフォームなどはだめで、グラスウールや、ロックウールであれば大丈夫です。
素材によりけりです。

ちなみに、mirageさんは寒い地域にお住みのようですので、そのあたりは、大丈夫なんじゃないかと思ったりします。
うちは四国なので、壁や窓の仕様が、全然違うと思いますよ。
電子ピアノの自動演奏で音を鳴らした状態で外に出てて確認してみればいいと思いますよ。
できれば、隣の家の中で確認できれば一番いいんですけどね。

アコピいいですよ(^^)/
mirageさんもぜひ!