2017/04/30

ピアノだっていじってみたい

もともと、機械いじりが好きです。
ピアノの前は、バイクが一番の趣味でしたし、他にも車とか、ラジコンとかパソコンとか・・・
車やバイクは乗るよりは弄るのが好きです(笑)
バイクのエンジンの分解整備にも手を出してました・・・(^^;;
趣味に限らず、何か壊れたらとりあえず自分で修理できないか試してみる。
この前の電子ピアノのように(笑)
古い電子ピアノの修理(カワイ CN24)


ということで、当然のようにピアノも中身が気になるわけです(笑)
で、当然、調律とか自分でできないものかなーと思うわけです(笑)
色々、調べて見ると・・・
やはり、素人は絶対にやっちゃダメ的な感じなわけです・・・(^^;;
とりあえずは、諦めるとしても、調律かどんなものかとかは気になるので・・・
とりあえず本を買ってみました(^^)/
私は調律のことについて知りたくて購入しましたが、タイトルの通り、ピアノの色々な事が書かれています。
これから、ピアノを買おうという方には、中古ピアノの見分け方とかも書かれています。
まだ、ちゃんとは読んでないんですけどね(^^;;



話は変わって・・・
というか、変わってないかな?(笑)

我が家のアップライトピアノさん、点検記録を見て見ると、昭和55年に嫁の実家にやってきたようです。
このころのヤマハのアップライトピアノには色々と不具合があったようです。
特に多いのが、フレンジコード(バットスプリングコード)が切れるというもの。
我が家のも、ほぼ全部切れていました。
バットスプリングも曲がってしまっています。
ネットで見てると、タッチへの影響や雑音の原因ということで、切れてたら交換ということになるようです。

ちなみに、うちのピアノは・・・
交換してません。
調律師さん曰く、必要ないとのこと。
おそらくは、コストを考えての判断だとは思います。
あと、おっさんが趣味でやってるだけという事も考慮してくれているのでしょうね。

他にも、ペダルで少し、ギシギシ音が出たり・・・

こういうのは、調律師さんにお願いして修理してもらうのでしょうが・・・
やっぱ、自分でやってみたい(笑)


その後、こんな本も買っちゃいました。
さらに詳しく、構造や修理方法について、書かれています。
すでに絶版でお値段がプレミアムになってしまっているのが、つらいところです(^^;;


スポンサーリンク

関連記事

コメント

非公開コメント

No title

こちらの記事、参考になります!
今、私が一番知りたいことでした。

ネットで「80年代前半のヤマハピアノは、ある問題があった」と書かれていたのですが、具体的な内容がなく、「何だろう?」と気になっていたところです。

今までに80年代のピアノを3回見てきていたのですが、この問題のある年代だったと思います。

次回中古ピアノを見に行くときは、この「フレンジコードのチェックもできたら」と思いました。

でも、先日のこねゆきさんの演奏動画では綺麗な音色でしたし、調律師さんが必要ないと言うのであれば、それほど大きな問題ではなさそうですね。

そういえば、こちらのまるごと「ピアノの本」ですが、私も3か月ほど前に買って、所々しか読んでませんでした。
次回、中古ピアノを見に行くまで、またしっかり読んで勉強しようと思いました。

貴重なピアノ情報、ありがとうございました。

ミラージュさんへ

フレンジコード、気になってさらに色々と調べています。
ネットでの情報や実際の構造を考えると、基本的には交換した方が良さそうです(^^;;

お店でちゃんとした中古を購入するなら、気になるところは聞いてみるといいと思います。
中古とは言え、高い買い物ですからね。

あと、この年代のピアノで、鍵盤の木口(前側の垂直の白い部分)が黄ばんで剥がれたりするものもあったようです。


我が家のピアノも、弾くだけなら不都合は感じていませんが、雑音が出てるように感じる鍵盤もあります。
ダイナミックレンジ(音の強弱の幅)が狭いと感じるのも、もしからすると、これが原因になっている事も考えられます・・・(^^;;

私の実家にもアップライトがあるので、今度、実家に帰ったらそっちも確認してみようと思っています。