2017/08/29

ピアノレッスン 53回目 & ローランド GO:KEYS

昨日、レッスンに行ってきました。
11月の発表会に向けて、ちょっと頻度をアップしてみました(^^)/


苦労しているSWEET MEMORIESですが、なんとか最後まで弾けるになってきました。
間違えたり止まったりはありますが、ぎこちなさはかなり取れてきました(^^)
悩んでいたグリッサンドも、やはりばらして弾くのは無理と判断し、グリッサンドでいい感じになるように練習しています。

先生にも、順調と言ってもらったので一安心。

で、そろそろ、生歌と合わせないとねという話に。
他の音が入ると、すぐに影響されてしまうのに、さらに、楽器ではなく、人間の生歌となると、かなりの影響がありそうだなぁと思っています。
本番で歌っていただける方とは、9月になったら合わせましょうという話にはなっているのですが、そろそろ妻に練習に付き合ってもらおうかな(^^)

ちなみに、生歌ではありませんが・・・
娘には、いろいろと練習を手伝ってもらっています(^^)/
go_keys.jpg
この前、発売になったばかりのRolandのGO:KEYSというキーボードで、娘にメロディを弾いてもらいました。
ちなみに、このキーボード、発表を知ってからずーっと欲しいなぁと思っていました。
(本当はシンセが欲しいけど、お高いし、使うかというと今のところ使い道はないので・・・)

唯一のリアルピアノ友達さんが買ったというので、貸していただきました(^^)/
ありがとうございますm(_ _)m

ピアノの練習に時間を取りたいので、なかなかこのキーボードで遊んではいないのですが、しっかりと使わせていただいています(^^)

現時点では・・・
コンパクトで軽くて電池で動き、スピーカーも内蔵なので、ぱっと持ってきて、どこででも音の確認とかに使えるのが素敵です!
鍵盤も思ったよりも弾きやすく、強弱もつけやすいです。
キーボードの鍵盤なので、ピアノとは全く別物ですが、キーボードとして考えた場合、弾きやす方だと感じました。
内蔵スピーカーもしっかりしていて、思ったよりも全然いい音がします。
まだ、あまり触っていませんが、自動伴奏とかタッチパッドでの音色変化で遊べそう。

ちなみに、これのピアノバージョンのGO:PIANOもあります。
こっちは、自動伴奏やタッチパッドがなく、音色もピアノ系+αでGO:KEYSより少ないですが、ペダルと譜面立てが標準でついていたり、ダンパーレゾナンスもあるので、よりピアノを弾く人向けです。
61鍵なので、本格的なピアノ曲には足りませんが、スピーカーもついてるし、ちょっとした伴奏とか、セッション等々・・・
自宅での音チェックや、外に持ち出して楽しむのにはいいのではないかと思います。

実際、私も普段はピアノ用途だけなので、買うとなると、ちょっと悩みますね。
元々、小室哲哉さんを見て、打ち込み少年時代時を過ごしたことのある私としては、シンセが欲しいというのが発端なので・・・
ピッチベンドとかモジュレーションとかぐりぐりしたいですし(笑)
そういう意味で、GO:KEYSかなと思っていますが・・・
実際には練習をがっつりしたピアノ曲しか弾けないので、ちょっとした演奏用として考えると、GO:PIANOの方がいいかなと思ったりもします。

両方とも、AUX INもついているので、スマホや音楽プレーヤーの音とキーボードの音を、合わせて弾くことができます。
Bluetoothにも対応しているので、iPhoneとかBluetoothに対応しているスマホであれば、オーディオケーブルをつながなくとも、ワイヤレスで接続できます。
キーボードとiPhoneがあれば、すぐにiTunesの曲やYoutubeでセッションできますね(^^)

あと、エネループなどのニッケル水素充電池にも正式に対応しているのが嬉しいです。
自宅の中でも使う場所が決まってないし、使い終わったら片づけたいので、ACアダプターとセットで移動しなくていいので、これは本当に助かります。
私の場合、自宅では普通の電池はなんとなくもったいなくて、ACアダプターで使うことになるので(^^;;

GO:PIANOはペダルがついていますが、GO:KEYSにはついていないので、ピアノの曲を演奏するには、ペダルが欲しいところです。
私は、どんなキーボードにも使えるM-AUDIOのSP-1というペダルスイッチを持っているのでこれを使いました。
もちろん、問題なく使えています。
キーボードのダンパーペダル(サスティーンペダル)はメーカー毎に使えたり、使えなかったりしますが、これは切り換えスイッチがついてるので、ほとんど全てのメーカーのキーボードやシンセに使えます。

なんだか、レッスンの話だったのに、単にGO:KEYS/GO:PIANOの宣伝になってしまいましたが・・・

気になる方はこちらでチェック!(笑)










スポンサーリンク

関連記事

コメント

非公開コメント