2017/08/31

意識を変えてみる ピアノ練習日記 (2017/8/30)

かなりいい感じになって来たSWEET MEMORIESの伴奏。

今までとは違う書き出しです(笑)
きっかけはレッスンで先生に言われた言葉。


基本、私はできない理由を色々と並べて言い訳をする、かなりの後ろ向きな人・・・
レッスンでも、いつも、グダグダと泣き言を聞いてもらっています(笑)

この曲は練習を始めてからだと、すでに5ヶ月以上が経っています。
いつも3ヶ月くらいで、なんとか自宅練習では止まらずに最後まで弾けるようになるのに・・・
でも、今回は、なんだか慣れないリズムで・・・・
みたいな感じで、うまく弾けない理由ばかりを考えています(^^;;

そんなこんなで、いつもの書き出しは、
「苦労している、SWEET MEMORIESですが・・・」
になってしまいます(笑)

まぁ、実際苦労していて、なかなかうまく弾けないわけですが・・・

この前のレッスンで、
「自信がない感じ」
と言われたのを思い出しました。

レッスンの時は、
「その通り、自信がないというか、慣れないリズムで、まだまだ・・・・」
と思っただけだったのですが、その後、先生に言われた事を思い出しながら練習していた時に、ふと、

もう5ヶ月以上練習してるし・・・
一応、最後までたどり着いたし・・・
慣れてないというのもおかしいよな?
と。

さすがに、もう慣れたやろ?
と。

という事で、演奏の出来に関しての自信は置いといて・・・
今まで、たくさん練習を積み重ねて来たことに対して、自信を持つというか、不慣れな感じに思う必要はないという事にしました。
そう、とにかくそういう事にしたのです(笑)

そうすると・・・
ミスする事に関してはそんなに変わりませんが、自分でもわかるくらい出てくる音の自信の無さが消えました(^^)
そして、心にも少し余裕が。
今までなら、ミスると止まって弾き直す以外なくなってしまっていたのですが、無理やり次に進めるようになりました(^^)
同じミスるにしても、やはり、出てくる音の不安感があるのとないのとでは聞いていて、かなり違って聞こえると思います。

演奏の出来に自信が持てないなら、他の自信が持てることを思い出す。
それで、不安はなくならないかも知れませんが、不安の総量を減らす事はできると思います。

実際には、自信が持てなくて、焦っている時には、なかなか他の自信が持てる事に気付くというのは難しいです。
自分自信の思考の癖というのもありますし。
それでも、まぁ、今回は気づけたので、一つ前進したかなと思っています。

この先、生歌と合わせるという、さらに不安になりそうな事が待っています(笑)
伴奏が不安な感じだと、歌う人も困りますよね(^^;;
上手い下手に関係なく、まずは、堂々とした演奏ができるように頑張りたいと思います。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

非公開コメント

No title

気持ちって不思議なほど音に現れますよね~
とにかくそういうことにする、賛成です(笑)

ねこぴあのさんへ

ですよねー。
結構効果ありました(^^)
間違えたり、止まったりはしちゃいますが、不安そうな感じは取れました!
あとは、歌と合わせた時の調整がうまくいけば、なんとかなりそうです。
とはいえ、まだ、練習で一度も通しで止まらずに弾けたことはないですけどね(^^;;
頑張ります!