2016/09/28

去年の発表会

発表会まで、あと2ヶ月を切りましたが・・・
苦行モードとか言いながらも、結構、他ごとやって遊んでます(笑)
今日も練習してたのですが、ふと思い出して、去年の発表会の動画を見はじめてしまいました(^^;;


改めて見てみると・・・
「ほんま、ようあれでやったなぁ」
って思います(^^;;

でも、それと同時に、ほんと、上手くなったなぁとも(^^)/
自画自賛(笑)

発表会よりも前に、人前デビューは果たしていたのですが、その時よりもかなり難しい曲にチャレンジしたので、曲の仕上がり具合という意味では、かなり酷いものがありました(^^;;
でも、人前で練習した成果を発表するという意味では、良かったのかなぁと思っています(^^)/
目標も、人前で弾くということと、音楽を止めないということだったし。

で、たまたまYouTubeにぼかし機能があるという知ってしまったということで(笑)
動画をアップして、ごじょごじょとやってみました。
さすがに、公開する気にはなれません(^^;;
限定公開にして、このブログを見ていただい方だけに(笑)

まずは戦メリ。
戦場のメリークリスマス(2015年11月発表会) - YouTube
ピアノソロで弾いています。
本当はバンドとセッションの予定だったのですが、リハーサルでバンドと合わせると・・・
止まってしまい、まったく弾けなくなるという状態に(^^;;
しかたなく、こっちはピアノソロということに。

で、こっちが、今年の6月に撮ったもの。
戦場のメリークリスマス / 坂本龍一 ピアノ再開4年目 - YouTube

そしてスペイン。
スペイン(2015年11月発表会) - YouTube
こちらも、同様にリハーサルではバンドと合わせると、止まっちゃってまったく弾けなくなっていたのですが・・・
こっちは、意地でもセッションしてくださいということで(^^;;
どうも、他の音が入るとだめっぽいんです。
ちなみに、楽譜ではテーマに入ると、2部音符が118〜125というかなり速いテンポなのですが・・・
このころの目標テンポは100でした。
それでも、発表会までにはまったく無理そうで、90が限界くらいでした。
最後の1ヶ月くらいは、毎日、70くらいから、1ずつ上げてみたいなことを必死でやってたと思います。

そして、最後の最後で、必殺の練習方法も編み出しました!(笑)
本番が日曜日で、金曜の夜にレッスンをしてもらったのですが、先生が横で電子ピアノでベースを弾くと止まってしまいます・・・
で、土曜も昼からなら空いているということで、レッスンをすることにして帰った翌日の朝。
自分が弾いてる横で、妻に適当に音を出してもらうという練習方法を思いつきました。
で、それが功を奏したようで、その日の昼からのレッスンでは、先生がベースを弾いてもなんとか止まらずに弾けました(^^)/
前日になってようやく目処が・・・
ほんと、ギリギリの感じでやってました(^^;;

で、本番は・・・
速く入りすぎて、後で測ってみたら、100くらいでした(^^;;
先生も、サポートメンバーの方々も、「速すぎるやろ!!」って焦ったそうです。
もちろん、自分自身も(笑)
でも、なんとか最後まで止めずに弾ききりました!
あとで、先生から、なんか降臨してたねと言われました(笑)

で、これが今年の9月。
Spain / Chick Corea ピアノ再開4年目 - YouTube
なんか、ノリはバンドの分だけ発表会の時の方がいいですね(^^;

とまぁ、演奏の仕上がり具合ということでは、かなり無理しすぎてたとは思いますが、先生からもお客さんからも、良かったよーというお言葉をいただけました(^^)/
自信にも繋がったし、発表会後は、階段を一段上がった感じがしてたと思います。
人前で弾くことが上達の近道ということを身をもって体験しました!
でもね、やっぱ人前で弾くのは苦手です(^^;;
今は、動画で頑張りたいと思います(^^)


ちなみに、発表会後は・・・
大人の生徒さんたちと打ち上げ。
1次会は普通に食事して、飲んで。
2次会からは・・・
先生がいつも演奏しているジャズバーへ。
そして・・・
強制的にジャズバーデビュー(笑)
普段はお客さんはあまりいないとのことですが、その日は、たまたま結婚式の二次会と思わしき団体が(^^;;
なかなかの盛り上がりようで、先生が弾くピアノも聞こえないくらいだったので、聞いてないだろうということで。
でも、しっかり聞かれてたみたいでした(笑)
そして、たまたまそこにいた別の人がパーカッションをしてくれて、スペインでセッション。

で、会話もままならなかったので、さらにもう1軒ジャズバーへ。
こっちは、他のお客さんはいませんでした。
発表会では、戦メリはピアノソロでしたが、準備はしていただいていたようで、せっかくなのでということで・・・
ここで、一緒にセッションしていただきました(^^)/
とても気持ち良かったです!
そして、先生とサポートメンバーさんへのリクエスト大会になり、いっぱいすごい演奏を聞かせてもらいました(^^)/
いやぁ、ほんとすごかったです。

普段は会う機会のない、他の大人の生徒さんとの交流もできたし、楽しい発表会でした。
ある意味、発表会後の方が人前デビューとしては本番だったような(笑)

なんだかんだ、本人的には無事に終わったと思っている発表会。
妻からは、いまだに「あんなんで、よう人前で弾いたなぁ」って言われます(^^;;
発表会の動画を編集してたら、「まさか、これ、アップするん?」って(笑)
ひょっとして、心臓に毛が生えてるのかな?
本人曰く、人見知りの緊張しいなんですが・・・(^^;;


スポンサーリンク

関連記事

コメント

非公開コメント

No title

緊張する場面で、止まらずに弾き続けられるのは、凄いと思います。

私はレッスンでも、ミスすると止まってしまい、頭が真っ白くなり、どの鍵盤を弾くのか分からなくなります。

でも、こねゆきさんは、ミスされても曲の進行に乗って、すぐに次の部分を弾かれていますが、かなり難しいことではないでしょうか。

特にセッションだったら、焦ってしまいそうです。

また、発表会が終わってもその曲を弾き続け、更に完成度を高めた演奏をされるのは尊敬してしまいます。
私は、もう弾かなくなるのでは…と思います。


打ち上げやセッション、楽しそうでいいですねぇ。

ソロピアノもいいですが、やっぱりジャズは、セッションできると楽しみが何倍にもなりそうですね。

私は一生、憧れで終わりそうです。p(´⌒`q)

mirageさんへ

> 緊張する場面で、止まらずに弾き続けられるのは、凄いと思います。
ありがとうございます!
止まらずに弾くのって・・・
難しいですよね。
まぁ、奇跡的にというところもかなり大きいです(^^;;

> 私はレッスンでも、ミスすると止まってしまい、頭が真っ白くなり、どの鍵盤を弾くのか分からなくなります。
私も同じです!
ただ、先生やピアノに対する慣れや、その曲の弾き込み具合というのも大きいので、そのうちだんだと減ってくると思います。
レッスンに通いだして2度目の発表会を迎えようとしていますが、未だにレッスンで手が震える事もあります(^^;;
あと、ミスして止まってしまうような箇所は、苦手なポイントなんだと思います。
ミスして止まってしまったたという悪い事よりも、苦手な部分がわかるという、良い事の方が大きいと思うようにしています(^^)/

> でも、こねゆきさんは、ミスされても曲の進行に乗って、すぐに次の部分を弾かれていますが、かなり難しいことではないでしょうか。
>
> 特にセッションだったら、焦ってしまいそうです。
スペインはあの通り、技術が全然追いついていないことがわかっていたので、最初からうまく弾けないことが前提でした。
なので、発表会が近づいたころにはミスはするにしてもできるだけ止まらないようにする練習もしてました。
先生からも、とにかく止めない事を一番に考えるように言われてました。
ミスっても、そのことに囚われないこと。
やばいと思ったら、さっさと片手は諦める。
もう片方もダメで両手の音が止まっても、鼻歌で自分の中では音学の流れを止めない。
自分の音が止まっても、セッションだから、他のメンバーが音を出しているので、復活できる箇所を作っておく。
みたいな感じで。
そういう意味では、他のメンバーがいる方が、止まりにくとは思います。
先生からも他のメンバーの音があるから、音はなくなっても、再開できれば大丈夫と言ってもらってた事も大きいと思います。

と、もっともらしい事を書きましたが・・・
前日でも、止まらずには弾けずに苦しんでたので、止まらなかったのがウソみたいというのが本当のところです(^^;;

> また、発表会が終わってもその曲を弾き続け、更に完成度を高めた演奏をされるのは尊敬してしまいます。
> 私は、もう弾かなくなるのでは…と思います。
これに関しては、この2曲は発表会のための曲ではなく、単に好きでずっと弾き続けたいと思ってる曲だということもあり、レパートリーにできるよう、弾き続けています!
スペインは、発表会の時のテンポでは許せなかったし(笑)
今は発表会に向け、「宝島」をなんとかしようともがいているので、弾いてませんけどね(^^;;

> 打ち上げやセッション、楽しそうでいいですねぇ。
楽しかったです。
大人ならではですよね!

> ソロピアノもいいですが、やっぱりジャズは、セッションできると楽しみが何倍にもなりそうですね。
セッションと言っても、私はピアノソロの楽譜をそのまま弾いてるだけなんですけどね(^^;;
サポートメンバーがいいように合わせくれるので、気持ちよく弾けます(^^)/

> 私は一生、憧れで終わりそうです。p(´⌒`q)
私の場合、先生がジャズピアニストで、発表会ではセッションをするという教室なので、自動的にそうなってます(笑)
子供の頃のような堅苦しい習い事は嫌だと思って、教室を探した結果ですかね。
そういう教室を探してみるのもいいかもしれませんね。